蓮華寺池の隣5

chakepapa3.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 19日

そしてカワセミ。



c0309734_09144372.jpg



長い間見ていたカワセミの夢が

今現実となる。

土曜の朝

水路では、

規定の撮影場所で

先に二人が陣取っていた

手を降って挨拶してくれた。

邪魔をしては行けないので

他の場所でカワセミを待つ。

いる気配がしたので

呼んででみる(昔野鳥撮影のマナーABCを教えてもらったZimunni師匠の直伝で。もちろんテープではなく。)

すると・・・・

枯蓮の枝にやってきて止まりました。

30m以上離れた場所の

カワセミのエリア以外なのでカワセミも落ち着いていました。

飛んで来たところを

フードの先と、カメラのホットシューを利用して

カワセミをとらえ

目をファインダーに移して

30mくらいにしてあるピントを

前後判断して

左手でヘリコイドを回してピント出しをして

シャッターをまずきる。

余裕があればレリーズで切り直す。

止まったら、雲台のネジをロックして撮影。

たんたんと、この手順を繰り返していく。

夢野中で見ているような感覚のほうが

うまくいく。

体調がわるかったり、

長く出会えなくて焦っているときは

撮り気が出ていい結果にならない

撮影は腹八分目で終えるのがいい。

3年前より目が悪くなっているので

よく見えないが、のんびり行きたい。










c0309734_23372679.jpg




c0309734_23382035.jpg



c0309734_23384648.jpg


帰りには、いつもの場所で

モズくんが、見下ろしていた。

挨拶代わりに

1枚今日も撮影させていただいた。


c0309734_23394007.jpg
モズ君は私にはまだなついていないので

遠くで見下ろしているだけだけれど。

MOZU師匠には

よってきて、虫を捉えるところとか、

枝に指すところを見せてくれます。

百舌鳥は非常におしゃれな色をしていながら

小さい体ながら

嘴は猛禽類ですね。


機材:CANON EOS ー1DMkⅡ+Carl ZeizzTele-tessarf4/300mm MMJ+MutarⅡ+BENRO GH-3+BENRO A4570T




[PR]

by chakepapa3 | 2014-10-19 00:07 | 翡翠 | Comments(0)


<< 寒くなったら、なんといっても ...      夢で見るカワセミ >>