蓮華寺池の隣5

chakepapa3.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 24日

NFJ TUBE 01J真空管ラインアンプ

最近、我が家ではレコードが良かったのですが

たまに、インターネットラジオを聞いたところ

ベルデンのランケーブルと

独逸の光ファイバーと

POP PULS DACのおかげで

OTTAVAが抜群に良くなり

Linn clasicalを抜いてしまいました。

ところが、先日AUが来て

2台あった中継する機器を

1台の無線ランつきの新型に変えてしまったら

なぜかマッチングの問題か?

新しいせいか

音がきつくなって

失敗かなと思っていた矢先

NFJストアーの

TUBE 01Jが何とか入手できた。

早速

メインシステムと

今のゆっくり聞くサブシステムにセットしてみました。


c0309734_03575263.jpg
置く場所がないので

トリアエズ

やってはいけないことですが

レコードプレーヤーの上に置きました。

念のために

フエルトをひいて

靴の中敷きで有名な

ソルボセインを置き

おちていた板切れの上に乗せました。

TUBE 01Jの足は3Mのものがついているようです。

NFJのスピーカーの足と似ています。

c0309734_03581097.jpg
向かって左においてあるのが

NFJ TUBE 01J の中で一番落ち着いて静かになるAAAのものです。

右のものは、球にトラブルが出て

替えの球にしたところ

音がクリアーでなくなりましたが

Cクラスになってしまいましたが

鳴らしっぱなしでやっと

ABクラスになりかけて

ホットしていたところ

NFJさんのおかげで

スペアーの球を送っていただきました。

交換して音出し

落ち着いた音になり

同時購入したAクラスに近くなり

良かったです。

クラス分けは

セットして、しばらくしてからの印象で

鳴らしこんでいくと変わってきます。

今回テストして貸し出したところ

人によっては他のTUBE 01(他社のもの:一般品)と差がないとの回答もありましたが

我が家のシステムでは

明瞭でした。

c0309734_03582332.jpg

ピンケーブルが足りないので

また作らなければならないので

トリアエズ

入力がウエスタン絹巻エナメル線ピンケーブル(非売品)

出力が、落っこちていたあり合わせの

ノイマンケーブル(LeitzやZEISSとのレンズと同じ国)

でセットしてみました。
c0309734_03584464.jpg
はっきり言って

メチャクチャ

私にとっては

よかったです。

TUBEー01を使っている先輩も言っていましたが、

ギターの玄や人の声が抜群です。

音の広がりも良く

オルガンの曲では

部屋が

大聖堂の中で聞いているようで

抜群でした。

立ち寄られた

いつもの音を知っている

音響関係の社長も

あそこから

さらに、アップグレードしているのに驚きと

美味しいものを食べて時のような

いい顔をしながら

喜ばれていましたので

言わなかった方がいいかなという感じで

金額を教えてあげたら

驚かれていました。

NFJさんのホームページを紹介してあげましたら、

メモしていかれました。

オーディオとしてではなく

音楽好きとしての

気持よく

音楽が流れていき

楽しく聞けたり

感動したりしたいだけですので

綺麗な音でも、

音が流れないで止まったり、

もたついているようでは

自分的に合わないので

オーディオマニアさんからは

けなされている、

アレンアンドヒースやトーマンアンプや魔のレパイアンプ

ですので

なんちゃってオーヂオということです。

この世界、本当は

自分の耳だけが頼りで

目は、邪魔になるときもありそうですね。

c0309734_03585526.jpg

スピーカーは例のごとく

ユニットを交換しながら20数年間

毎日10時間上鳴ってきた

50年近く前と思われる

腐っても、アルテックです。

本当にもう腐っているかも(笑)

アンプとユニットの間は

古い腐りそうなウエスタン24GA絹巻エナメル単線

スピーカーの中は

20年以上前の古いアクロテック1040(アクロリンクではありません)

ダイレクトにアンプのキャラクターが伝わります。

だから、怖い所もあります。

c0309734_03590962.jpg

こちらは、サブシステムの

心地よく聞きたいシステムです。

バブルのころのCDプレーヤーは

かっこいいですね。

フィリップスLHH500Rが使えない今

残念ですが、

こちらは、見てくれを

楽しんでいます。

アンプはもちろん

魔のLepaiアンプの最終形

NFJ EDHITIONの良くできた優等性のLepaiです。

なんと NFJ TUBE 01Jをつけると

優等性のLepaiが魅力的な

とってもすごくて

素晴らしい事になりました。

実にいいですね。

Lepaiストの皆さんに

おすすめ中です。

数年前

1台の若い人からいただいた

初期のころの黒いレパイから始まり

ちゃけままさんの許可のもと

26台くらい購入して

20代くらい貸し出したり

譲って

オーディオマニアにショックや驚きや

今まで高級アンプで鳴らし切っていなかったスピーカーが

Lepaiのバイアンプで見事にならし切った

というオーディオマニア

など、魔のLepaiアンプに

NFJ TUBE 01Jがまた

当時の伝説に

新たな、ページを開くことが確信されそうです。


c0309734_03592048.jpg
今はユニットもないFE88のスピーカーです

綺麗な音色です。

上においてあるのは

メインシステムと同じ

アルテック製です。

アルテックは英語のボーカルにいいようですね。

美空ひばりも

JAZZはアルテックで聴くとイイデスネ。

c0309734_03593185.jpg
久しぶりになんちゃってオーヂオの記事を書きました。

NFJ TUBE 01Jがまた

新な音楽への喜びを

開いてくれました。

プライムシートは

DSD対応のDACがないので

いつかはDSDというところで

既存の古いシステムに

NFJ TUBE 01で練り上げて楽しんでいこうと思います。

Lepaiアンプの時

凄い!魔のLepaiアンプにするか

一部の人達のように

ネットでダメだひどい、おもちゃだ

と公表してLepaiストたちから

Lepaiの値が上がらないと喜ばれるのは

その人の使こなしにかかっているようですね。

NFJ TUBE 01においても

同じ様な事が起こるんかもしれませんね。







[PR]

by chakepapa3 | 2016-06-24 05:32 | なんちゃってオーヂオ | Comments(2)
Commented by kame3z at 2016-07-03 07:30
いつの間にか、オーディオのエントリーを。。。
見逃しておりました(笑)

私もTUBE01Jを手に入れて聴いております。
まだ、スピーカーケーブルとかアンプの方の組み合わせが今ひとつで、
改良の余地はありますが、
ボーカルがなかなか良いです。

Lepaiはなかな良さそうですね !
現在、同じNFJから手に入れたデジタルアンプと組み合わせておりますが、
Lepaiを再入手しようかなぁ〜
Commented by chakepapa3 at 2016-07-03 10:46
フォトンさんおはようございます。
TUBE-01Jはギターの玄の響きなども秀逸です。
特に、ミルスペック選別品はとってもいいです。
現在、Repaiはもうなく、Repayになっていますね。
NFJEdhitionが最終のようです。
NFJのノウハウが勝手に使われたのでは?
そんな感じですね。
5日あたりに、NFJ FXオーディオ FX802Jフルデジタルアンプがやってきます。一般販売前ですが入手いたしました。レポートが楽しみです。DAC FX6Jも先日導入いたしました。ポップパルスの4分の一以下の価格ですが、
プライムシートのハイレゾ配信に対応準備をしています。

プロケのシステムは、ポップパルス→TUBE01Jはベルデン88760・1m(帯域に偏りがなくスバラシイ)TUBE01J→A&heathはノイマン・1m でOTTAVA対応にしています。


<< 土曜日の蓮華寺池公園の昼      蓮華寺池公園の蓮 >>