2016年 12月 20日

12月19日の富士山





c0309734_02311446.jpg
Angeniux50mmf2.8

c0309734_02313099.jpg
Angeniux50mmf2.8



c0309734_02314396.jpg
LEITZ WETZRA ELMAR9cmf4(山崎修理)


朝5時半に家を出て

公園の富士見平入口から、追突きを始めました。

ままだ暗く、空には星が・・・

40年ぶりに、初心に帰って

昔の松濤館型の追突きをやってみました。

いつもちゃけままさんやこどもたちおのお付き合いで

ナンバ歩き型の追突きをしていましたので

昔を思い出して

呼吸に合わせて、丁寧に一歩一歩行いました。

斜面を登りながらの追突き

周りが暗くて見えなかったので

淡々と、息に合わせて丁寧につけました。

山頂につくころは

明るくなり出し

太陽が上がってきました。

富士見平で富士山の定点観測撮影をしていましたら

歩いて別ルートで

ちゃけままさんがやってきましたので

山頂で富士山を前に

一緒に立禅をしていましたら

いつも山頂でお会いして

ちゃけままさんの朝の自主練を見ている女性が

仲間に参加されました。。

立禅から歩法まで覚えていただきました。

ちゃけままさんはいつもどうり

安三、最破、セイエンチンを眠いからだで行いました。

安三は、南拳系に似ているようで、

那覇手?かもしれないので

添香居のカンフーマスター

フェン先生の動き

丹田からの持って行き方が参考になりそうです。

どうしても、形だけになりそうですので

丹田に落とした気を

息に合わせて手の先の先まで

運ぶことに気を付けて残身をとりながら

練習していますが

なかなか、大変なようです。

仕事や、役で道場に行くことができないようですが

朝、富士山を前に、

安三、最破、セイエンチンの型を稽古しているのも

選手ではない、一般人の空手として

一つの素晴らしい修行だと思います。

ちゃけままさんはまだ、一級ですので、

鉄騎を教えていただけないようですが

大山総裁の鉄騎の練習動画がありますように

鉄騎は空手家にとって

いざという時の為の

大切なものみたいですので

新極真会の鉄騎を教えていただけるといいですね。

昔、極真会で長男と同じころ稽古をされていた

神保先生が、新極真会藤枝道場の支部長になられました。

沢山の元気な子供たちが稽古に来るといいですね。














[PR]

by chakepapa3 | 2016-12-20 03:22 | ちゃけままの新極真会 | Comments(1)
Commented at 2016-12-20 07:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 今日の昼富士(12月23日)      今朝の富士山と紅葉の黄葉 >>