蓮華寺池の隣5

chakepapa3.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 27日

夏の終わりの蝶蜻蛉


枯蓮の実に止まる蝶トンボ
c0309734_00583509.jpg
夏も終わろうとしています。

猛暑の熱い夏の日差しに

その羽の輝きを楽しませてくれた

蝶蜻蛉たちも

卵の植え付けも終わり

やがて

あんなにいた蝶トンボたちが

突然いなくなってしまう

そんな時期が近づいているようです。

カメラをかついで蓮華寺池公園に行ったら

元気に飛び回っていた蝶トンボが

忽然と消えてしまった

そんな時間が秒読みではじまっているようです。



夏の日の直射で輝く蝶トンボ
c0309734_00585166.jpg
彼たちの羽もよく見ると

ひと夏の結果で

だいぶ傷んできました。

これからは、もっとボロボロになっていきそうです。


c0309734_00590499.jpg
撮影していたら

近くにやってきて

回りを飛び回ってから

すぐ近くの草に止まりました。


c0309734_00591525.jpg
風がとっても強く揺れていて

ファインダーの中に入れるのに苦労し、

風で一瞬向きが変わった瞬間

太陽の輝きで蝶トンボの羽が

一気に輝き出す時を

ファインダーの中で感動して

何とかフォーカスとフレーミングに必死で

焦りながらも

焦らない、焦らない、と心に言い聞かせて

シャターを切っていました。

三脚を持っていなかったので

機材の重さで、腕と指が痛くなってきましたが

何とか記録ですがシャッターを何枚か切れました。

じきに、彼らとお別れですので・・・・・・





c0309734_00593099.jpg


c0309734_00594829.jpg
そろそろ

バイバイになりました。

明日も会えるかな?



Carl Zeiss Tele-Tessar f3,5/200mm AEG (West Garmany)+Mutar1

40年前のレンズの写りはこんなもんです。

AFも使えないので

ジャスピンの世界からはほど遠く

最新の
高画素の機材をお使いの方は

40年前のレンズでも

この程度なら写るんだ

その程度の気持ちで見てください。

最近のコンデジにも負けていますので・・・




[PR]

by chakepapa3 | 2015-08-27 01:25 | 蜻蛉


<< 蓮華寺池公園のまだまだまだまだ...      蓮華寺池ロータスウオッチ(まだ... >>