蓮華寺池の隣5

chakepapa3.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 12日

黄色の睡蓮




c0309734_15101628.jpg
FUJIFILM X-Pro1+Tele-Tessatf4/300mmMMI+MutarⅡ



c0309734_15103210.jpg
FUJIFILM X-Pro1+Tele-Tessatf4/300mmMMI+MutarⅡ


MutarⅡのバヨネットの爪がめくれていて300mmのマウントを痛めていたので

ポンチとハンマーで板金してみました。

真鍮で柔らかいのでうそのように簡単に戻りました。

前後のがたはなく、ロックピンの損傷があるみたいで

回転方向にがたが見られましたが

実用には関係なく、早速

小雨の中テストに行ってきました。

何とかなりそうな結果でした。

完全ではないですが

トリアエズ使ってみようと思います。

うまくいけば、黄鶺鴒撮影に使えそうです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


🌸伝説之鳥専達人の話
🌸

黄睡蓮をとっていたら

野鳥専門の人が撮影していました。

手持ちで撮影だそうです。

その人に聞いたすごい話ですが・・・

F枝市で野鳥撮影で有名なM夫妻の

M氏は7DMkⅡ使いですごいらしく

飛んでいる野鳥をいとも簡単に撮られてしまうそうです。

見ていなくても簡単にとってしまうそうです。(ノーファインダーのようです。)

私はお散歩写真で、MFピント合わせに四苦八苦して

ほとんどピンボケです。

とってもすごい話です。

まさに伝説之鳥専達人の伝説が語りだされました。

F枝市には、達人、名人、師匠クラスがいて

鳥専の人達には恐ろしいくらいにいい環境ですね。

ちなみにお散歩写真家の私にとって鳥専といえば、

お散歩の帰りに表を通る石原商店です。

テニスコートそばの石原商店の焼き鳥やブロイラーが大好きです。

クリスマスに予約発注する丸焼きはとっても柔らかくて

とってもおいしいので大好きです。

早くクリスマスが来ないか楽しみです。

石原商店もある意味

伝説之鳥専達人です。

ちなみに、子供たちは、エビ中エフ中の前のI川食鳥の骨なしチキンだそうです。




[PR]

by chakepapa3 | 2015-10-12 00:01 | Comments(0)


<< 風見MOZU      翡翠を探せ >>